おこづかいFX

コツコツ・小ロット&低レバによるFXトレード日記

『FXプライスアクション成功の真実』を読んでみて

f:id:chusuke36:20190520111404j:image

新しく買った本、買ってずっと読んでいなかった本、既に読み終えた本、改めて読み直した本などの紹介と感想を不定期に書いてみたいと思います。

勉強するのにいいきっかけになるかなと。

 

一度アップした記事も、今後にその時感じたことがあったら上書き更新していくので、もし興味のある方は適当な時間に読み返してもらえたら嬉しいです。

 

それと、なるべくネタバレし過ぎない様に気をつけていくつもりですが、万が一もあるので、どうしても気になる方は読む際に気をつけてください。

 

では、さっそく🖐

今回読んだのは、『FXプライスアクション成功の真実』です。

2014年発売で、自分は3年ぐらい前に買ったのですが、今回改めて読み直してみました。

FXチャート分析 マスターブック FX プライスアクション 成功の真実 (FXチャート分析マスターブック)


著者は、陳満咲杜(ちんまさと)さんです。

中国の上海出身の方で、陳アソシエイツという会社の代表をされています。

日本テクニカルアナリスト協会会員でもあり、日本大学の在学中に株式投資を開始し、卒業後、FX業界に参入されたそうです(著書より)。

 

この本を買うきっかけは、もともとローソク足のプライスアクションに興味があり、色々本を探していたところ、当時ネットでの評価も比較的高く、入門レベルの人にも読みやすいと書いてあったので購入してみました。

この「FXチャート分析マスターブック」のシリーズは結構好きで他に2冊持ってます。

 

内容は全5章で構成されています。 

1章 テクニカル分析こそFXのすべて

著者である陳満咲杜さんが当時担当していたラジオ番組のアシスタントを務めていた内田まさみさんとの対談形式で、陳さんが相場感を語るところから開始。

 

2章 誰も教えてくれなかった「プライス・アクション」

本書のメインの1つでもある「プライスアクション」によるチャート分析手法の紹介。

 

プライスアクションの「基本の型になる4パターン」に加えて、より「実践的な3パターン」を使った具体的なトレード方法について書いてあります。

 

3章 パターン&フォーメンションの真実

値動きや形状から相場の未来を予測する手法に必要な「パターン&フォーメンション」が10種類以上の紹介。

 

4章 移動平均線の真実

基本的な移動平均線の解説。

最もポピュラーなテクニカル指標といえる移動平均線を使ったトレンド判断・売買戦略が記載されていますが、いわゆる次章に繋がる伏線のような章になります。

 

5章 トレンドフォローの王様・GMMAを使った売買戦略

5章ではいよいよ「GMMA」の解説。

陳さんといえは、やっぱりGMMAのトレード手法が非常に有名です。

※考案者はDaryl Guppyさんです。

 

GMMAとは、「Guppy Multiple Moving Average」の略語で、指数平滑移動平均線(EMA)を短期線(3・5・8・10・12・15)の6本と長期線(30・35・40・45・50・60)の6本の合計12本を表示させて、短期と長期の側面からトレンドの有無や方向性、強弱を形状や動きで売買判断していくトレンド系のテクニカル指標です。

 

このGMMAを使ったトレード戦略・売買シグナルまで書いてあります。

さらに、このGMMAと2章で習ったプライスアクションを組み合わせた具体的なトレード手法が学べます。

 

終わりに

この本は、プライスアクションをもっと学ぼうと思ったきっかけになった本でした。

全ページカラーで非常に読みやすい内容になっているので、まず何から始めていいのかが分からない方、自分のトレードスタイルがはっきりと固まってない方にとっての指南書になるかもしれません。

 

逆に中級者以上の方にとっては、少し優しすぎる内容で物足りなさを感じるかも。

 ただし、GMMA自体は中級者以上の方にも充分使用可能なトレンドフォローの代表格とも言えるテクニカル指標と思います。

 

 

本書ではプライスアクション分析はまず「日足」が重要だと書いてあります。

 

個人的な使い方としては、

・まず日足でプライスアクションを確認し相場状況を予測する。

・さらに4時間足で細かくプライスアクションをみる

・1時間足でタイミングを計って入る 

 

ざっくりとこんな感じでしょうか。

 

さらに、GMMAとラインを組み合わせるとより精度の高いトレードが可能になります。

 

 

トレード期間は、〜スイング向けですかね。分足でわちゃわちゃする様なトレードにはあまり向いてない気がします。

 

久々に読み返しましたが、結構面白かったです。

改めて、今だからこそ取り入れてみようかなといった内容もありました。

 

もし、興味のある方は一度読んでみてはいかがでしょうか。

 

5月 3週目 スキャル・デイトレ週間成績

f:id:chusuke36:20190519092740j:image

今週からスキャル・デイトレのトレード結果を週末にまとめて報告することにしました☝️

 

また、これまではスキャル・デイトレとスイングを同口座で使用していましたが、間違った注文や決済から損失を出してしまったことが何回かあったので、現在使用しているOANDAでサブアカウントを作り、トレードスタイル・目的・通貨ペアなどによって口座を複数に分けることにしました。

ちなみに、これから報告する口座はスキャル・デイトレを中心にトレードしていきます。

もちろん他通貨ペアも監視はしていきます👍

 

5月13日(月)

記録なし

 

5月14日(火)

記録なし

 

5月15日(水)

記録なし

 

5月16日(木)

新しい口座でやっとスタートできる状態へ。

取りあえず、この口座のスタート資金として30万入れたので、今後どれだけ増やしていけるか試してみようと思います。

とはいっても本日は殆どトレードできませんでしたが。。

ちなみに、これまではほぼ短期売買をメインにやっていましたが、今後はスイングトレードにも力を入れて収益の幅を広げていこうと思います。

f:id:chusuke36:20190516234429p:image

+305円

 

5月17日(金)

検証を兼ねて、エントリー条件を変えてチャートを見ていましたが、全くエントリーチャンスが来ませんでした。

条件を厳しくしすぎてもダメですね(笑)

f:id:chusuke36:20190517214831p:image

+130円

 

 

5月 3週目 成績報告

今週はかなりバタバタしていたので、全く落ち着いてトレードできませんでした。

まぁ特に何もしてないので、マイナスにこそならなかったですが、心機一転で気持ちも新たに月曜から頑張っていきたいと思います!

f:id:chusuke36:20190519080053p:image

5月3週目収支

+435円

 

ありがとうございました🙇‍♂️

 

 

5月 3週目 積立FX週間成績

f:id:chusuke36:20190518073053j:image

今週からトルコリラも積立開始しました。

 

・通貨:南アフリカランドトルコリラ

レバレッジ:1倍

・購入日:毎日(各月額2000円)

 

積立FXの特徴にドルコスト平均法があります。

ドルコスト平均法は、毎月一定額を購入していくことで、通貨量を価格が高い場合は少なく、価格が低い場合は多くすることで、リスクを少なく徐々に平均購入価格を下げていくことができるといったメリットがあります。

 

逆にデメリットは、自分で注文をストップしない限り高い価格でも確実に購入してしまう点です。

 

トルコリラは年々下がり続け、去年のリラショックで一気に15円代まで落ちました。

 

隣国と揉めたり、トランプ大統領エルドアン大統領がごちゃごちゃしたり、フラッシュクラッシュの影響を受けたりと、他にも色々不安要素があります。

 

一昨年から、自分でトルコリラを購入してた時、欲張って通貨量をかなり保有した結果、価格がどんどん下がってレバレッジが最大6倍まで開いた時は、安全バーをしないでジェットコースターに乗っているような気分でした。

 

自分が2017年8月にトルコリラスワップ目的で買い始めた時は、たしか31〜32円ぐらいでしたが、そこから1年後に半分ですもんね。。

仮にドル円120円でロングで入って、1年後に60円まで落ちたなんて想像したらゾッとしませんか??

 

要は、最初31円で買って、30円で買って、29円、29.5円、29円、28.5円、28円、27.5円、27円・・・・20.5円、20円と、購入平均価格を下げるために通貨量を増やしていった結果、15円代まで下がった時には含み損も相当な額になり、これ以上買い増しするのも価格が下がるのも本当にマズイと判断して、一気に損切りした苦い思い出があります。

 

なので正直トルコリラは積立に加えるか迷いましたが、レバレッジは1倍、証拠金維持率をある程度以上に保ちながら、こまめに追加入金することで対策していこうと思います。

 

さて、どうなることやら。

 

それでは、5月3週目の積立結果です。

f:id:chusuke36:20190517233918p:image

積立FX記録始めました!5月2週目 積立FX 週間成績

先月末からSBIFXトレードで積立FXを始めました。

今後、週単位で積立結果をアップしていこうと思います。

 

●取り引き条件(5月12日間時点)

 

・通貨:南アフリカランド

レバレッジ:1倍

・購入日:毎日(月額2000円)

※今後増額していく予定

 

他の通貨ペアも月曜から購入していきます。

 

また、価格が下がって買いのタイミングがあれば、手動による買い増しもしていきます。

 

それでは、5月2週目の積立結果です。

f:id:chusuke36:20190512074517p:image

それではよろしくお願いします😁

 

 

 

迷っていたら・・

昨日は大変な相場でした。

ドル円109.7〜8円のロスカットが発動してしましたね。

 

ロスカットの位置をどこにするか迷っていて、考えながら席を外した数十分の間に、その時持っていたポジションを一気にやられてしまいました。

 

序盤がプラスだったので、その分多少相殺してマイナスも減りましたが、防げただけ悔やまれます。

 

まぁ、やってしまったことは仕方ないので、切り替えていきます!

 

5月10日のトレード結果です。

f:id:chusuke36:20190510082243p:image

 

 

 

 

一昨日に引き続き

お疲れ様です☆

 

昨日もお昼過ぎに1回しかトレードできませんでした。

 

また、M1で0.02ロットで入ったので、超微益すぎて何も生まれませんでしたね(笑)

 

この2日間まともにトレードできてないです。

まぁ仕事が忙しいのは良いことなので仕方ないのですが。

 

だからこそ空き時間ができたときに入れるスキルが、今後ますます必要になってきます🤔

 

さて、今日は夕方からトレードする予定です。

ヨーロッパ市場オープン後ですかね。

 

また最弱にして最速のM1で、エントリーしてみたいと思います✌️

 

あ、ちなみにもちろん上位足の方向感は確認してますよ?

月足から。

 

5月8月のトレード結果です。

f:id:chusuke36:20190509015934p:image

1分足トレードの感想

おはようございます☀

 

昨日は、トレードする時間が殆どなかったので、珍しくM1で少しだけ入ってみました。

 

結論から言うと、難しいですね。

 

保有してから決済までは短かったですが、その難しさから入るまでに時間がかかってしまいました。

 

M1のローソク足の特徴として

 

・頻繁に窓を開ける

・突発的に大陽線や大陰線が出る

・普段あまり出現しないローソク足が頻繁に出る

・長ヒゲによるノイズが多い

・前の足の終値と、次の足の始値が同じ価格ではない場合が多い

 

以上のことから、

 

・他の上位足と比べるとローソク足分析のセオリーが通用しづらいので動きも読みづらい

・チャートがぐちゃぐちゃで波形も汚い

・引いたラインでピタッと止まらないことが多い

・インジケータの機能も低い(特に短期間設定)

 

こんな感想を持ちました。

 

昨日のチャートから、M1チャートの特徴の一例です。

↓↓↓

ローソク足分析が困難な状況

十字線・足長同時線・四値同時線が連発

f:id:chusuke36:20190507234157p:image

 

窓開きが多い

f:id:chusuke36:20190507234204p:image

 

はらみ線?包み線?両はらみ?

f:id:chusuke36:20190507234233p:image

 

ただ今回思ったのは、このM1をしっかりと使いこなせるようになれば、兼業として限られたスキマ時間でしっかり利益が残せるとも思いました。それなら0.5ロットぐらいでなら入ってもいいかもしれません。

 

 

また、

 

●トレード難易度

短期足>長期足

 

●トレードリスク

短期足<長期足

 

これを改めて再認識しました。

 

 

今回は、珍しい試みでどうなるか分からないということもあって1ポジション0.02ロットに下げたのと、時間もなくトレード回数も少なかったのでかなり微益でしたが、やってみて良かったです。

結果、20pips弱でした。

 

そうですね、しばらくM1続けてみようかな。

 

最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました🙇‍♂️

 

5月7日のトレード結果です。

f:id:chusuke36:20190507223613p:image