おこづかいFX

コツコツ・小ロット&低レバによるFXトレード日記

マルチタイムフレーム分析は難しい

皆さんは、マルチタイムフレーム分析は使いこなせてますか? ?

 

自分は全然ダメですね(*_*;

 

なので、いつもは複数足を見てトレードをしているところ、、今回はあえてM15だけを見てトレードしました。

 そうしてみようと思った理由は、前々からマルチタイムフレーム分析を使うことで、かえってトレードの精度が下がっている気がしたからです⬇︎

 

そこで、エントリー足に使っているM15のみに絞り、いつもの基本スタイルとなっているローソク足・ライン・ダウ理論移動平均線・RSI』で改めてシンプルに分析をしてみようと考えたというわけです。

これらの分析方法については、また違う記事にまとめてみたいと思います。

 

上記に書いた、マルチタイムフレームでの問題とは、各時間足の方向感がバラバラだった場合に目線(上下の方向)があっちこっちに振り回されてしまうことです。

『そんな状況なら、入らなきゃいいだけじゃん』と言ってしまえばそうなのですが、今後使っていく以上はどこが良くて駄目なのかをハッキリ理解しておく必要があります。

 

例えば、M15は下↓・H1は上↑・H4は↑・D1は下↓といった状況があったとします(あえて極端な例にしたかったのでレンジの足はない設定で)。

ちなみに、皆さんならこの様な場合、どう考えてエントリーポイントを探しますか?

自分は、この中で一番の上位足であるD1が下目線↓なら一番の下位足であるM15で、売りのタイミングを探して入ろうとします。

しかし、今回の条件ですとD1からしたら順張りですが、H1とH4からしたら逆張りになるわけです。

「全部の足が同じ下目線↓だった」、「D1とM15の2つしか見てない」、とかなら普通にM15で売りで入るタイミングを探すのですが、今回は4つの足を見ていて更に目線がバラバラという状況を想定しいます。

 

トレンドは小さい足から反転しますよね?

この考え方からいうと、M15に最も近い足はH1です。ただ、H1は上目線↑なので逆張りになる。

でも勢いが強いのは当然上位足ですよね?

この考え方からいうと、一番の上位足はD1です。なので下目線↓で順張りの関係にあるD1の下方向↓を優先すべきなのか。

 

こういった状況になると目線に迷ってしまい、せっかくの上位足で方向を確認後にエントリー足でタイミングを取るといったシンプルなルールですら精度の低い分析になってしまいます。

 

ぶっちゃけ、1つ時間足だけの方が納得したトレードができたような気もしてます。。。

これは、まだ使いこなせていない証拠ですね。

 

これが正しいやり方かどうかは分かりませんが、今回改めて自身の軸となっている基本型はブレてはダメだいうこと、その軸にプラスアルファで応用させていくことが大切だなと思いました。

 

暫くは、このやり方で続けてみようかと思います。

 

今回も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました🙇‍♂️

 

では、昨日のトレード結果です。

f:id:chusuke36:20190327192903p:image